【携帯代節約】ドコモからマイネオに乗り換え実践法①

携帯

毎月の携帯代を浮かせる方法を実際に実践してみました

現在「ドコモ」ユーザーです。

毎月当たり前のように、1万円前後かかっている携帯の維持費を、払い続けてきました。

携帯代金

携帯会社といえば、大手の「docomo」「au」「Softbank」の3社しか選択肢はないと、長く思い続けてきた情弱の一人です。

格安SIMを使うと安くなると聞いた事はあるけど、調べたり、乗り換えたりする手間を考えると面倒で、今まで行動に移す事はしませんでした。

ですが最近、あるYouTubeの動画を見て、メリットを知り、この度乗り換えを決意しました。

リアルタイムで実践記録をのせていきたいと思います。

1.「mineoエントリーパッケージ」購入

ネットでmineoの回線の申し込みする前に、まずこの「mineoエントリーパッケージ」を購入しました。

このパッケージを購入した理由は、契約事務手数料の3,240円が無料になるからです。

パッケージはSIMカードが入っているわけではなく、マイネオの申し込みの手順について記載と、エントリーコードが記載されていました。

mineo申し込みの流れ

step1 申し込みに必要なものの準備

①本人確認書類

②クレジットカード

③メールアドレス

④MNP予約番号

①②③は持っているし、すぐに準備できるものですが、④のMNP予約番号は、現在契約している携帯会社docomoで転出の予約申し込みをして、「MNP予約番号」を受け取らなければいけない為、手続きを行う為にこれから動きます。

2.docomoでMNP予約番号をもらう手続き開始

もらう為に、docomoショップに行くのは面倒だと思ったため、ネットで他に方法がないか調べてみました。

手続きは店頭以外にも、ドコモインフォメーションセンターか、web上でも手続き出来ると知り一安心。

店頭に行けば、おそろしく待たされるであろうし、コールセンターもいつも掛けてる人が多くて、なかなかオペレーターに繋がりにくいのを知っている為、webで予約番号を取得することに決めました。

次の日、webで簡単にMNP予約番号を取得出来ました。ネット上での手続きだった為、引き止められることもなく、スムーズに進みました。

3.マイネオに新規申し込み

マイネオのホームページから申し込みします。

①お申し込み方法の選択

  • エントリーコードをお持ちでないお客さま
  • エントリーコードをお持ちのお客さま
  • エントリーパッケージをお持ちのお客さま

②エントリーコードの入力

すでに購入している「エントリーパッケージ」内に記載されている、16桁のコードを入力

③サービスの種類の選択

  • auプラン(Aプラン)
  • ドコモプラン(Dプラン)

④タイプの選択

  • シングルタイプ(データ通信のみ)
  • デュアルタイプ(データ通信+音声通話)

⑤コース選択

  • 500MB
  • 1GB
  • 3GB
  • 6GB
  • 10GB
  • 20GB
  • 30GB
20GBも必要な理由は、家にWi-Fiはあるものの、仕事の通勤の行き帰りにYouTubeを流し聞きしていた為、容量が多いコースが必要な為です。

⑥通話サービスを選ぶ

  • 5分かけ放題サービス
  • 通話定額30
  • 通話定額60
  • 申し込まない

⑦端末購入有無

  • SIMカード+端末(端末を購入する)
  • SIMカードのみ(端末を購入しない)

⑧SIMカードの種類選択

nanoSIMを選択(現在iPhone使用中)

⑨携帯電話番号ポータビリティのお申し込み

  • MNPする
  • MNPしない(新しい番号を利用する)

⑩MNP予約番号入力

10桁の予約番号を入力します

⑪現在お使いの電話番号入力

⑫MNP予約番号の有効期限を入力

注意:有効期限が10日以上残っている状態が必要です

⑬各オプションの申し込み

⑭ご契約者さま情報入力

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 連絡用メールアドレス
  • eoID
  • eoIDパスワード
  • 秘密の質問

⑮ご利用者登録

⑯お支払い情報

  • クレジットカード会社
  • クレジットカード番号
  • クレジット有効期限
  • クレジットカード名義
  • セキュリティーコード

⑰本人確認書類のアップロード

無事申し込みは完了しました。

後は、マイネオからSIMカードが届くのを待つのみです。

届いたら、また後日設定方法をアップしていきたいと思います。

トップへ戻る