暗証番号を忘れた!なんて事はなくなる物忘れ対策とは?

メモリーライトペン

暗証番号・パスワードを管理するのに知らないと損する事とは?

暗証番号やパスワードを空で覚えてはいませんか?

特にキャッシュカードの4桁の暗証番号などは、いちいち手書きで控えて保管したりはしないですよね。

万が一誰かに見られる可能性もあるので、防犯的にも心配です。

ただ暗記となると、時間経過や年を重ねるごとに、物忘れがおそってきます。

自分では覚えてるつもりでも、ふと思い出せない事もしばしば出てくるものです。

「暗証番号、何番だったっけ?」

「あれ?このサイトのパスワードって、なんて設定したかな?」

そんな風に困ることがないためにも、こちらのおすすめを見ておきましょう。

忘れやすい暗証番号やパスワード管理に!メモリーライトペンとは?

メモリーライトペンとは、暗証番号やパスワードを分からないように書きとめて、特殊ライトで照らして読むことが出来るペンです。

『キャッシュカードの暗証番号を忘れたり、分からなくなってしまうのを防ぐため、どこかに書いておきたい。。。でも、普通のペンで書きとめておくと他人に見られるのが怖い。。。』

キャッシュカードの暗証番号に限らず、サイト等のパスワード・ID・金庫番号なども同様ですよね。

そんな時、メモリーライトペンなら透明インクで記録するので、他人には見えず安心です。

確認したい時は、専用の特殊ライトで照らし出して、読むことができます。

「メモリーライトペン」の特長

  • 安心して暗証番号・パスワード・ID・金庫番号等を記録できます。
  • 書いた文字を、見えない透明インクで手帳などに書きとめておくことができます。(白い紙への記録のみ)
  • 特殊ライトで照らすと書いた文字が浮かび上がり確認できます。
  • 細書は記録用、太書は記録・塗りつぶし兼用の使いやすいペンタイプになります。

メモリーライトペンはこちら

「メモリーライトペン」の使い方

①透明インクペンで暗証番号やパスワードを書きます。

②特殊ライトで照らすと、書いた文字が浮かび上がってきます。

まとめ

直接キャッシュカードに書けるため、物忘れが心配な年配の方の忘備としても使えるし、暗証番号だけでなく、パスワードももちろん、それ以外の使い道も広がりそうな、備えの手助けにもなるグッズだと思います。

トップへ戻る